【保存版】医学部受験の理科!生物 or 物理の選び方【医学生談】

シェアする


こんにちは、現役医学部生のユアンです。
医学部の受験にあたって、多くの人が悩む理科の科目選択について、私の考えを紹介したいと思います!
この議論についてはかなり意見が分かれるところです。

あくまで「たった1人の主観的な意見」だと思って、軽い気持ちで読んでみてください!

ところで、理科の選択は物理・化学・生物から2科目を選択します。ほぼ全ての受験生が化学を選択します。
その上でもう1教科を物理にすべきか、生物にすべきか、と悩む受験生がほとんどです。

今回の記事では化学・生物選択(以下、生物選択)と物理・化学選択(以下、物理選択)の2択という前提のもと、どちらを選ぶべきかについて書いていきます。

何を基準に選ぶべきか

生物選択は不利?

特に旧帝国大学レベルの医学部を目指す層の間では、「生物選択は不利!」などとよく噂されております。

また、都内の私立医学部において、解くことはほぼ不可能と言えるような生物の問題が過去に出題されたことがありました。
このような出来事も手伝って、やはり生物選択は不利とみなされる傾向があるように思えます。

さて、私が実際に医学部受験生を経験し、さらに医学部に入学して周囲の人との話を聞いてみての感想としては、

「物理選択・生物選択の間で、入試の難易度として有利・不利は無い!」

と感じました。

生物を選んだら不利になるから、生物選択はやめておこう…と考える必要はないと思います。

ちなみに、私自身は生物選択と物理選択で迷った末に両方勉強し、生物選択で受験しました。

結局、何を基準に選ぶべき?

理科の科目選択をするにあたって、全ての受験生に対して「生物選択の方がいい!」、「物理選択にすべきだ!」というように単純には考えておりません。

状況に合わせてどちらの方が向いているかを考えていきたいと思います。

あなたがどんな受験生かによって、どちらをおすすめしたいかが変わってきます。

あなたはどんな受験生?

受験生の種類をいくつかに分けて、それによって理科選択のアドバイスを書いていきたいと思います。

医学部以外に行く可能性もある受験生

医学部志望ではあるけど、絶対に医学部と決めているほどではない受験生の方。

このような受験生には物理選択をおすすめします!

何故なら、化生選択では受験できない学部がかなり多いからです。

医学部の合格は国公立・私立ともに難しく、医学部専願では浪人の確率が高いのは確かです。

そのような理由から、特に高3になってから受験に近付いてくると、浪人するくらいなら早稲田・慶応の理工学部あたりにでも行きたいという方も少なからず出てきます。

または、「理系で成績が良いならとりあえず医学部志望」という人も多いのですが、いざよく考えてみた時に「非医学部に行きたくなった」と考え直す場合も多いです。

さて、皆さんご存知かもしれませんが、例えば早慶の理工学部では生物で受験することができません!
国立でも東京工業大学なども生物選択の受験生は募集していません。

生物選択でも慶応大の薬学部など受験可能な学部は一応は存在するものの、受験校の幅が相当狭まってしまいます。

従って、医学部(・薬学部)以外に行く可能性もあると感じている場合は、理科の選択は物理選択にしておくのが無難です。

経済的に私立大学医学部が厳しい家庭の受験生

私立医学部は他の学部に比べて、桁違いに高額な学費が要求されます。
従って、医学部に行きたいけれど、国立一本に絞っている!という受験生も多いでしょう。

このような受験生にも物理選択をおすすめします。

さて、なかなか考えたくないような未来かもしれませんが、受験に失敗したときのことも想定しておくべきです。

医学部受験にあって、経済的な問題で国立に絞らなければならなかったり、私立だとしても学費の安い最難関の部類の学校しか受験できないという状況で考えてみます。

このような受験生は当然のことながら、全落ちしてしまって浪人になる可能性は高いです。

さらに、学校側が多浪の受験生に対して差別を行なっているかどうかは議論が分かれるところではあります。

しかし、現実に医学部は、年齢が高い再受験生や多浪の受験生が多いにも関わらず、なかなか合格できていないという状況です。
なかなか正確な数値を引用することは難しいですが、少なくとも私の体感ではそうです。

そのような場合に医学部を断念して、理工学部などへの進学を考えるというのは合理的な選択だと思います。

やはりその時に問題になってくるのは、前述の通り生物選択で受験できる学校がかなり少なくなってしまうことです。

そこまで考えると、経済的に厳しい状況の医学部受験生が生物選択をすると、かなり精神的に追い詰められます。
私は「好きだから」という理由だけで生物を選択しましたが、これでかなり苦しい思いをしました。

「何年かかろうとも必ず医学部に行く!」という受験生

ご両親が開業医のお医者さんであったり、はたまた医学部や医師になることに対して強い憧れのある受験生、または実力に「絶対に何かしらの医学部には合格できる」という自信のある受験生

このような方は、物理選択でも生物選択でも、好きな方を選ぶと良いでしょう。

もし物理と生物のどちらが自分に合っているのかわからないという方のために、受験科目としてのそれぞれの特性を簡単に書いてみると、

受験物理の特徴・覚えることが少ない
・物理が得意な人はかなり解くのが速いため、生物選択に対して時間の面で有利
・数学のような側面が強く、数学が得意な人向け
・勉強量を長くしたところで点が伸びるとは限らない。逆もまた然り
・点数は数学と同様に安定しにくいため、本番で大失敗することがある
受験生物の特徴・覚えることが非常に多い
・問題文が長く、記述量も多いため、時間がどうしてもかかり、化学の時間を圧迫しがち。読み書きが速い人は有利。
・勉強量に比例して点数が伸びる
・点数が安定するため、本番で大失敗はしない

といったあたりから、あなた方受験生自身で自分に向いている方を選べると良いです。

学校や予備校の先生にも色々聞いてリサーチしてみると良いでしょう。

また、学校によって多少の理科選択による有利不利の傾向はあると思います。
もし具体的に「○○大学医学部に絶対行く!」というような具体的な志望校がある場合は、その学校の過去問の傾向も考慮しつつ考えると良いです。

理科選択の有利不利の差は、大学入学後に出る!

「受験の科目」という視点からは、私個人の意見としては化学だろうと生物だろうと一長一短で、どちらが有利とは一概に言えないという意見を書きました。

しかしながら、実は大学に入ってからのことを考えると、この理科選択によって大学の授業・試験において有利不利がはっきりと出てきます。

大学に入ってからのことを考える余裕のある受験生はあまりいないと思いますし、何より大学に合格することが最重要ですが、一応参考までに書いておきます。

医学部では生物選択がかなり有利でラク

特に低学年においてですが、物理選択の受験生に比べて、生物選択の受験生は圧倒的と言っていいほどにラクです。

特に低学年で学ぶ分子生物学などはほぼ高校生物の知識でいけてしまったり、重要な基礎医学教科である生理学や生化学などにおいても高校生物の知識が大いに役に立ちます。

確かに、だんだんに高校生物では通用しなくなってきます。

しかし生物選択は低学年で良いスタートダッシュを切ることができるため、苦手意識を持って落ちこぼれてしまう人が少ないように感じております。

非生命系の学部に生物選択で入ると、なかなか大変

生物選択で受験をしたものの、結局生命系ではない学部に入った場合は、入学後にはそれなりに大変です。

これは物理選択で医学部に入った学生と似た状況ですが、決定的に違う点としては物理選択はマジョリティであるのに対して、生物選択はマイノリティであることです。

物理選択で医学部に入るとやはり最初のうちは苦労しますが、物理選択がマジョリティであるため大学側が生物未修クラスを設置してくれたりします。
そのような配慮がなかったとしても、周りの多くの人が同じように苦労している状況なのでなんとかなります。

その一方で、マイノリティの生物選択に対して、なかなか大学側からの配慮が少なかったり、試験で苦しい時も仲間が少なかったりするのは大きな痛手になります。

このように大学に入ってから、理科選択のメリット・デメリットが大きく出てくるのは受験生にとって意外なのではないでしょうか?

まとめ

今回は受験生の理科選択において、化生・物化で迷った時のアドバイスについての記事を書いてみました。

最初にも書いた通り、あくまでたった一人の医学生の意見にすぎませんが、物理も生物も学んだ上で医学生となった私の経験から書けることは全て書いてみました。

理科選択は受験勉強のスタートラインにすぎず、ここからが大変な時です。

私の記事が少しでも受験生の役に立って、今後の受験勉強がスムーズに進むことを祈っています!
ガンバレ受験生!!

ユアン

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローはこちら