MacBookでも、Windows用テンキーが”ほぼ”使えた!

シェアする


こんにちは、ユアン(@MedGamerY)です。

私はMacBook Proの2015年モデルのユーザーなのですが、テンキーが欲しくなって買ってみました。

買ったのはこの「Windows用テンキー」です!

Windows用テンキーがMacで使えるのか、使えないのか。また使えるなら、使い勝手はどうなのかについてレビューしていきます!

テンキーが欲しい!でも純正は…

テンキーで仕事効率化したい

私はアルバイトでやっている仕事、また学校の実験データを処理するときに、Excelにひたすら数字を打ち込む作業があります。

そこでテンキーがあったらいいなということで、今回Amazonで購入してみました!

ちなみに右利きですが、右手はキーボード、左手でテンキータイピングを練習しましたが、大幅に打ち込みのスピードが上がりました。

Mac純正のテンキーは高い!

そこでまずはApple純正のテンキーを見てみると…

かっこいい…けどなかなか高い。断念。

評価が高く、値段の安いテンキーはWindows用ばかり!

テンキーを色々調べて見ましたが、評価が高いものがWindows用のものばかりでした。

ですが、マウスであればWindows用のものを普通にMacで使えることを考えれば、きっとWindows用のテンキーも動くはず!

ちょっとした実験の意味も込めて、最初に写真として載せたAmazon評価が高いテンキーを買ってみました。

iBUFFALO 有線スリムテンキーボードのレビュー

Windows用のテンキーはMacBookで使えるのか

さてさて、最重要なのがこれです!

まずテンキーをMacBookに接続してみると、テンキーの環境設定のウィンドウが出ましたが…
エラーで設定できませんでした!!オワタ\(^o^)/

半分諦めつつウィンドウを無視して消し、Excelを開いて文字を打ち込んでみると、少なくとも数字を打つレベルでは普通に使えました!!

ここからは数字以外のキーなどについても動作確認をしてみました。

数字キーの動作確認

数字の入力時はNum Lockをオンにします。まずNum Lockのボタン反応は問題なし。
そして、数字入力についても正常に動作しました。

Enterキー、+, -, /, *, Tab, .キーの動作確認

これらのキーに関しても正常に動作しました。数字とこれらのキーが使えれば、大抵の場面で困らないと思います。

BS(バックスペース)キーの動作確認

BS(バックスペース)キーは、Macのdelete(デリート)キーとして機能しました。

方向キー、PgUp, PgDnキー

NumLockを解除すると使えるキーについても確認していきます。
方向キーとPgUp, PgDnキーについては正常に動作しました。

Del(デリート)キー

Del(デリート)キーは、Macでの「fn + delete」として機能しました。

Macで通常のdeleteは手前の文字を消去しますが、「fn + delete」は直後の文字を消去できます。
つまり、WindowsでのDelキーの機能を持ちました。

Home, End, Insキー

これらは機能しませんでした。
これらのキーを押したことで何か問題が起こるかというと、そんなことはなく、何も起こりませんでした。
誤って押してしまったところで何も起こりません。

デザインはMac用テンキーに負ける

Mac用のテンキーは純正のものの他にも色々ありますが、基本的にアルミボディのものが多いです。
やはりアルミボディのMacには、これらMac用のテンキーの方が見た目としてはマッチしますね。

Windows用テンキーは避けた方がいいパターン

環境設定でカスタマイズしたい人

最初に述べた通り、環境設定のウィンドウは無視して使うことになります。

カスタマイズしたい人はMac用のものを買うと良いでしょう。

やっぱりWindows用だと心配な人

少なくとも私の環境ではWindows用テンキーで問題なく使えましたが、やっぱり心配だよって方はMac用が良いでしょう。

お財布に優しいものが良いならコレ!機能は抑えめですが、かなり安いMac用テンキーです。

まとめ

Mac用テンキーを選ぼうとするとかなり選択の幅が狭まってしまいますが、人気Windows用テンキーがMacでも普通に使えたことを記事にしてみました。
テンキーがあると数字入力の効率がぐっと上がるので、買ってみて正解でしたね。

それではまた!
ユアン

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローはこちら