【神ゲー】前作ファンの私が、ゼノブレイド2を全力で紹介してみる!

シェアする



<前のページに戻る>

ホムラと天の聖杯

天の聖杯の正体


天の聖杯の正体は、実はホムラであることがわかりました。

天の聖杯は強大な力を持つようで、戦争に勝ちたい国家がホムラの身を狙っているようです。

前作ゼノブレイドでのモナドによく似ていますね。

そして、次に書くのが驚きの真実です。

ヒカリ – 天の聖杯としてのホムラの姿


なんと、ホムラは姿を変えることができるのです。

ホムラと、レックスのもつホムラの剣は光に包まれ、

ホムラはヒカリという名前の少女に代わり、レックスの剣も変化します。

このヒカリこそが天の聖杯だというのです!

ちなみに戦闘においては、ホムラとヒカリを自由に切り替えることができるとのことです。

各国家の重要人物たち

前回の記事でアルストの勢力についても簡単にまとめましたが、今回の動画では各勢力の一部で権力を握っている重要な登場人物が紹介されました。

スペルビア帝国 特別執権官 メレフ


スペルビア帝国で最も強いドライバーがこのメレフで、レックスやホムラたちの敵となります。

カグツチ


メレフのブレイドです。

めちゃくちゃセクシーですね笑


そして、動画でのメレフのセリフはこれ。

「空を裂き、大地を割るその力。

2度と世界を焼かせるわけにはいかない」

いやーーー敵キャラもかっこいい!!

敵には敵の正義があるのでしょう。

ゼノブレイドらしいテーマです。

傭兵団の団長 ヴァンダム


傭兵団の団長であるヴァンダムは、レックスたちの心強い味方!

ゼノブレイド2での戦闘では3体までのブレイドを使うことができますが、使用しないブレイドは傭兵団として出兵することができます。

ゲームシステム的にはこのような感じの傭兵団ですが、きちんとストーリーとも絡めてあるとはよく練られています!!

スペルビア帝国 皇帝 ネフェル

インディヴィア烈王国 女王 ラゲルト

ルクスリア王国 国王 ゼーリッヒ

アーケディア法王 マルベーニ

イーラの頭脳 ヨシツネ

ここで謎の集団・イーラ族の重要人物です。
雰囲気としては前作ゼノブレイドのアルヴィースのような感じ。

やはりイーラは天の聖杯の強大な力が欲しくて暗躍し、レックスを殺そうとしているようですね。

動画にワンシーンだけ映ったこの黒くてかっこいい箱舟のようなものは、おそらくイーラのものかと思われます。

新しく紹介されたアルストの勢力

前回の記事にまとめたものの他に、新たに2つの勢力が紹介されたので最後にどうぞ!

リベラリタス島嶼群


小さな巨神獣(アルス)がたくさん繋がってリベラリタス島嶼群ができています。

ルクスリア王国


さてさて、先ほどのリベラリタス島嶼群は小国な雰囲気でしたが、ルクスリア王国は大国の雰囲気。

前回の「アルストの勢力」という項目で載せたこの画像をみてください。

8つの勢力がありますが、そのうち前回は6つ公開。

そして新たに公開された1つが、このルクスリア王国だと思われます!

あとから発表したということは、特に重要な場所かもしれませんね!

そして!このルクスリア王国の形は、先ほどの画像の「ルクスリア王国」という文字のすぐ左を見てみればわかると思います。

大きなカメのような巨神獣(アルス)なのですね。

このカメのような巨神獣(アルス)、どこかで見たことありませんか?
この記事のどこかで…

まとめ

前作があまりにも名作で私の大好きなゲームだったため、今作も期待と不安を抱きつつコレクターズエディション予約をしていましたが、大正解でした!

今回まとめた事前情報からも分かる通り、今作もゼノブレイドシリーズらしい壮大なストーリーを窺わせます。

そして発売日を迎えて今私はプレイしている真っ最中ですが、Switchの進化したグラフィックも相まってどんどんストーリーに引き込まれています!

戦闘システムは大ヒットした前作の引き継ぎなので間違いなし、BGMは一級品、まさしく神ゲーと言えるでしょう。

それなりにRPGをやっている私からも強くオススメできる作品です!
前作ファンの方は特に、コレクターズエディションの売り切れにご注意ください。

最初にも書きましたが、コレクターズエディションの開封レビューあわせてどうぞ!
限定の特典も大満足の内容でした。

こんにちは、ユアンです。 今日12月1日は、待ちに待ったゼノブレイド2の発売日ということで、かなり早い段階から予約していた特別版、コレ...




それではまた。
ユアン

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローはこちら