【ソウルシリーズ】アクション初心者でもダークソウルは楽しめる!?

シェアする

こんにちは、ユアンです。
フロムソフトウェアの名作ダークソウルのリマスター版の発売も近づいてきましたが、ソウルシリーズ未経験者の中でも興味を持っている方は多いのではないでしょうか?

ソウルシリーズとはソウルシリーズとは、フロムソフトウェアから発売されているアクションRPGのシリーズです。
PS3で発売されたDemon’s Souls(デモンズソウル)、DARK SOULS(ダークソウル)、DARK SOULS II、
PS4で発売されたDARK SOULS II リマスター、DARK SOULS III、Bloodborne(ブラッドボーン)
といったゲームが現在発売されているソウルシリーズであり、2018年5月末にはDARK SOULS REMASTEREDの発売を控えています。

高難易度ゲームとして知られており、腕に自信のある人以外が手を出すにはハードルが高いとされています。

実は私は1年ほど前まではソウルシリーズ未経験どころか、モンスターハンターなどにも触れたことがないアクションゲーム初心者でしたが、今ではPS4で発売されている全シリーズをクリア済みです!

ダクソ3、ブラボはトロコンした上で縛りプレイも楽しんだりしています。

結論から言ってしまえば、初心者でも楽しめる!ってことを言いたいだけの記事なのですが、それだけ言っても納得はしてもらえないと思います。

誰もがソウルシリーズ初挑戦時に感じるであろう高いハードルがなくなるように、ここから解説していきたいと思います!

ソウルシリーズの魅力

今回このような記事を書こうと思ったのは、とにかくソウルシリーズでしか感じられない特別な面白さがあるからです!
この魅力的すぎるゲームを、ゲーム好きな方には是非体験してもらいたいです。

圧倒的な達成感

誰もが言うことですが、ソウルシリーズはどれも死にゲーです。ほとんどのボスにはとにかく打ちのめされると思います。
それでも何度も何度も挑み続けた末に倒した瞬間のあの達成感は、1度経験したらやめられない中毒性です!!

ここで言っておきたいこととして、ソウルシリーズは死んだ時のストレスがほとんどないように設計されています。ストレスフリーに何度もやり直せて、最後にはしっかりとした達成感が味わえます。

成長を実感できる

やっぱり何事も成長した時って一番楽しいと思います。例えば勉強嫌いな人が多いのは、勉強はそれなりの期間努力しても成長をなかなか感じられないからなのではないかと思っています。

さてこのソウルシリーズではどうでしょうか?
このゲームでは敵の残りHPをゲージとして見ながらプレーできます。ボス初挑戦ではHPを5%も削れずに殺されていたのに、しっかりと敵の攻撃を回避してHPを削れるようになることで確実に成長を感じられるようになります!

倒せた瞬間に達成感を感じられるだけでなく、「HPを半分削れた!」「ボスの第2形態まで到達した!」などと、挑戦する過程でも常に成長を感じられるところがソウルシリーズの大きな魅力だと思います。

洗練されたダークファンタジーの世界観

ソウルシリーズはダークファンタジーの世界観ですが、建物やフィールド、敵のデザインなどが非常に洗練されていて、とにかくかっこいいです!!

またダークファンタジーというと「孤独感を感じたり、鬱展開が続き暗い気持ちになりそう」というイメージがあるかもしれません。実際に私は「難易度だけでなく内容が重そうだな…」と躊躇していましたが、実際には鬱展開とは全く無縁でした。

逆に泣ける展開なども一切なく、常に死と隣り合わせの緊張感のなかで前に進むだけです。プレイヤーに慈悲を持つ余裕など与えてくれないのです。

ストーリーの掘り下げ方は人それぞれ

次にストーリーについてですが、ソウルシリーズでは普通にプレイしているときはほぼストーリーを無視できます。つまり、ストーリーの理解は、先に進む上で一切不要で、とにかく目の前の敵を倒していくことでクリアに到達することができます。

ストーリーを理解するのが面倒な人にとっては単純なアクションゲームとして楽しむことができますし、クリア前に忙しくてしばらく放置してしまっても、安心して続きに着手することができます。

それではストーリーはオマケ程度なのかというと、実はそんなことがないのです!各アイテムなどには説明文が付いていたり、イベントごとに非常に短いムービーが入ったり、NPCの会話が聞けたりしますが、それをつなぎ合わせて読み解こうとすれば、非常に重厚で作り込まれたストーリーが浮かび上がります!

もし本格的にストーリーを理解したいのであれば、自力で完全に理解するのは難しいと思うので、Wikiの考察ページも併せて読むのがおすすめです!

ソウルシリーズが難しい理由

私が初めてプレイしたソウルシリーズのゲームは、ダークソウル3でした。この時に感じたソウルシリーズの難しさを紹介します。
(ちなみに難しいと言っても、完全に自力でクリアする難易度が高いだけで、実はオンラインプレイを利用すると全国の上級者が助けてくれるため、基本的には詰むことはないんですけどね笑)

最初のボスが強すぎる

一般的なゲームでは最初のボスはチュートリアルを兼ねたボスが多く、どのようなボタンを押せば良いのか、どう立ち回ればいいのか画面に指示が出たりします。そして負けることも滅多にないような仕様であることがおおいですよね。

その一方でソウルシリーズの最初のボスは、びっくりするくらいに野放しで、ボスも数発攻撃を食らうと死んでしまうバランスになっています。

私は最初のボスに負けるとは考えもしなかったのに、ダクソ3の最初のボスには5回6回挑んで全く勝ち目がなくて、数日間放置していました。
でも今思うとソウルシリーズの敵は基本的に5回や6回で倒せるようには設計されていないのです!とにかく何度も何度も殺されて、そして強くなってください。

ちなみにソウルシリーズのボス戦は長くても10分以内に倒しきれるのが普通で、短いけれど濃厚な戦闘が楽しめます。自分が殺されてしまう場合は、戦闘開始から数秒で終わってしまうこともあります。

そしてほとんどのボスにはセーブ地点からすぐ辿り着けるようなショートカットが用意されており、ボスに殺されてもすぐに再挑戦できます!

1回1回の挑戦自体は軽い気持ちでサクサク挑むことができるので、殺されたら面倒なのではないかという心配は無用です。

道中の雑魚にすぐ殺される

ここまではボスの話をメインにしてきましたが、雑魚にも何度も殺されると思います。慎重に進んできたのにセーブ地点直前で殺されたりしたら、かなり萎えると思いませんか?

ですがダクソ2以外のシリーズでは雑魚は横を駆け抜けることでスルーできることがほとんどで、最初に慎重に探索しながらある程度の道を覚えたら、そこで死んでも再挑戦では雑魚をどんどんスルーしてすぐにもとの位置に戻れるはずです!

愚直に雑魚の相手をしていては辛いですが、スルーすることを覚えてからは、道中のストレスもなく楽しめると思います。
ちなみに死ぬこと自体のペナルティもそれほどないので、気軽に死ねるゲームでもあります。

初めてのソウルシリーズにおすすめな作品

ソウルシリーズはストーリーを考察してみるとダークソウル無印とダークソウル3に繋がりがあったりしますが、基本的にはストーリーは無視して進められるくらいなので、どこから初めてもOKです!

したがってソウルシリーズを始める順番は、作品ごとに少しずつ違うゲーム内のシステムで決めると良いでしょう。

ダークソウル3が初挑戦でやりやすい


まずBloodborneについてはパリィと呼ばれるテクニックがほぼ必須かつ、回復アイテム不足に悩まされるなど死ぬことのリスクも大きいため、初めてのソウルシリーズとしてはおすすめできません。

死ぬと回復アイテムが補充されるシステムであるなど、死ぬことのリスクがより低いダークソウルシリーズがおすすめですが、その中でも特にダークソウル3がおすすめです。

ダークソウル3は若干難易度が高めではありますが、フィールドに設置された篝火というセーブポイント間で最初から自由にワープできること、そして比較的明るいフィールドが多いなどのことから、初めてソウルシリーズに触れるのには1番良いと思います!

オンラインを考えると最新作のダークソウル リマスタード


ソウルシリーズのより細かな楽しみ方・アドバイスは別記事にまとめますが、このゲームはオンラインプレイがかなり楽しいし、詰みそうになったときに助けてくれるのはオンラインプレイヤーです。

というわけでオンラインの人口はかなり大事になってきますが、やはり最新作に集中する傾向にあります。

そこで最新作になるダークソウル リマスタードもかなりおすすめできます!

ダークソウルでは篝火間のワープがゲーム後半までできず不便な部分がありますが、最初のダークソウルであることもあって、小細工の少ないシンプルなソウルシリーズを楽しむことができるのも魅力とのことです!

ちなみにPS3を今は持っていない私は、ダークソウル無印とデモンズソウルは未経験なのですが、最高傑作ともよく言われるこのダークソウルをプレイできるのを本当に楽しみにしています。

まとめ

今回はソウルシリーズ未経験者に向けて、ぜひプレイしていただけるようにソウルシリーズを紹介してみましたが、いかがだったでしょうか?

今ではモンハンワールドもやっていますが、当時モンハンなどアクション未経験だった私もドハマリしたこのシリーズ、本当におすすめなのでぜひ楽しんでみてください♪

ユアン





スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローはこちら